星空スペース

【4/9】『パパ、遺伝子組み換えってなあに?』星空ミニシアター上映会


いまや世界の食糧生産の根幹技術になりつつある遺伝子組み換えについて、映像を見ながら考えてみましょう。

※この上映会はPOPCORNのサイト上で予約申し込みを完了する必要があります。(予約なしの参加はできません)
システムの関係上、WEB申込み、クレジット決済になります。
作品ををつくられた方々をちゃんと応援する意味でお手数ですがご協力をお願いします。

予約はこちらです。

星空スペースミニシアター『パパ、遺伝子組み換えってなあに?』

田舎で映画空間をともにつくりあげよう!

いすみ市内はおろか近隣市町村にすら存在しない映画館。映画を見るためにわざわざ遠くまで出かけたり、映画を見に行くのをあきらめてしまったり。

でもやっぱり映画館で映画が見たい!それならば、自分たちで映画空間を作ってしまいましょう!

そして、みんなで映画を見ましょう、語りましょう!

今回の上映作品は「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」。

いまや世界の食糧生産の根幹技術になりつつある遺伝子組み換えについて、映像を見ながら考えてみましょう。

予約はこちらです。

==================作品解説(作品紹介ページより

わたしたちの食べものの未来をコントロールしているのは一体誰なのだろう?遺伝子組み換え食品(GMO)をめぐる、オー・マイ・ゴッド(Oh! My God)なロード・ムービー登場!! 子育てパパが、こどもたちの「食の安全」を守るため、世界各国で“遺伝子組み換え”についてインタビュー!!。

3人の子どもを持ったことで“食”について考えるようになった一人の父親であり、映画監督であるジェレミー・セイファートは、種が大好きな長男の影響もあって「遺伝子組み換え生物=GMO」に興味を持つ。そもそも、アメリカでは表示義務すらないため、GM食品の存在自体がほぼ知られていないのが現状だ。ジェレミーは疑問に思い、家族と共に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅にでる。遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社や、ノルウェーにある種を保管する“種子銀行”の巨大な冷凍貯蔵庫、GM食品の長期給餌の実験を行ったフランスのセラリーニ教授など、世界各国への取材を重ねるうちに、徐々に明るみになっていく食産業の実態にジェレミーは言葉を失う。 本作は、遺伝子組み換え食品の真実を追うドキュメンタリーでありながら、『どんな食べものを、家族で選択していくのか』という答えをみつけるまでの、家族の成長物語だ。GMOをめぐる、オー・マイ・ゴッド(Oh! My God)なロード・ムービー。この旅の最後に、ジェレミーの家族は何を選択していくのだろうか。

監督: ジェレミー・セイファート

プロデューサー: 表記なし

脚本: 表記なし

出演者: セイファート監督のファミリー/ジル=エリック・セラリー二/ヴァンダナ・シヴァ

ロケーション: アメリカ/ハイチ/ノルウェー

音声: 英語、スペイン語、ノルウェー語、フランス語 (字幕あり)

2013年 / 85分

公式サイト: https://www.uplink.co.jp/gmo/

=============

日時:4月9日(火) 18:30開場/19:00上映開始/20:30ごろ上映終了

その後ゆるりと星空映画座談会

入場料:1,300円(ワンドリンク付き)

上映前と上映後には別途ドリンク・フードをご注文いただけます。

場所:星空スペース(いすみ市作田1701-1)

http://hoshizora-space.koto.blue/

予約はこちらです。