星空スペース

カキ氷に黒蜜&練乳を追加


毎度どーも、星空スペース店長です。

カキ氷をはじめたのは以前このブログでお伝えしました。

自家製のシロップである梅シロップと梨シロップ、夏にちょうど良い酸味で大人には好評頂いているんですが、どうもお子さんたちには甘さが足りないようなので、新しく黒蜜と練乳をカキ氷のトッピングとして追加します。

IMG_20180731_121449

関西ではカキ氷には練乳ってのが割りとスタンダードだと思うんですが、関東だとシロップがメジャーで練乳で食べるってあんまりしませんね。森永ミルクの練乳は千葉県の酪農の歴史とも密接にかかわっているんで、ぜひ練乳によるカキ氷を食べるっていうのももっと普及させていきたいところです。

明治時代になって酪農が千葉県でも盛んになっていったんですが、当時の冷蔵技術では家庭に新鮮な牛乳を届けるのは難しかったんで、練乳にして缶詰で売るようにしたんですね。今では、巨大食品メーカーとなった明治乳業も森永乳業も、練乳からスタートした会社です。そういった練乳のルーツは実は千葉県の酪農の歴史にあるんですよ。もっと詳しく知りたい人はこちらの論文を読んでみて下さい

あと、黒蜜もはまる感じなんで、すきそうな人はトライしてみてください。そういやさいきんあんみつってのも見なくなりましたね。

 

既製品のシロップはどうにも人口甘味料や合成着色料、保存料がたっぷり入っているので正直お子さんが食べるにはあんまりすすめられないように思うんですよね。お祭りのときに買うくらいならいいんでしょうが、当店で日々出すものとしては、こうした添加物は遠慮したいものです。

ちなみに、人口甘味料・合成着色料・保存料を使わないシロップをお探しの方は、いすみ市弥正にある「スーパーランド」という名前のスーパーで買うことができます。

値段がちょい高くて、星空スペースは原価の関係上断念したんですが、家庭でカキ氷を食べる分量ならばおススメです。

 

宣伝です!