星空スペース

【8/11】お話会『土のひみつ』@ブラウンズフィールド


毎度どーも、星空スペース店長です。

 

IMG_20180801_161055

これは、星空スペースに咲くガマの穂。

いつ見ても、見た目ソーセージですな。

なんかガマの穂は見ていると、微妙な気分になってくるんです。

あのソーセージはガマという植物の雌花なんですが、なんであんな形しているんだろうって。ホント、植物の進化の形もよくわからんもんです。

 

さて、8月11日にいすみ市のブラウンズフィールドにて、僕もおススメのイベントがあるんでご紹介しておきましょう。

ゲストスピーカーの棚原さんは僕も尊敬する農家さんです。以前にもブラウンズフィールドで棚原さんのお話会があって僕も参加していたんですが、とにかく棚原さんの強靭な意思の力、強固な信念に圧倒されたものでした。

イベントについて詳しくはこちらのイベントページをご覧ください

下記は引用です。

 

お話会『土のひみつ』@ブラウンズフィールド

38270374_2513512935329118_6990723327723569152_n

「土のひみつ」
わたしたちが生きていくのにとても大切な存在、『土』。

毎日のようにおいしくいただいている野菜たちの、大切なおうち。
オーガニックや無農薬など、野菜を選んでいる人はたくさんいるけれど、果たして、土を選んでいる人はいるのかな?
この日は、千葉県いすみ市で20年以上、野菜を育てている自然栽培農家・棚原力さんをお迎えして、「土のひみつ」をみんなと一緒に探求していこうと思います。

◯この会を開こうと思ったきっかけ○

このイベントをコーディネートさせてもらっています 川村若菜です。

約1年間ほど棚原さんの畑に通わせていただいているのですが、
棚原さんの畑へ行ったとき、初めて『土』はふわふわで温かくって、トランポリンみたいだって思いました。畑仕事をして疲れて帰って来ても、土の上にいることがすごく心地よくて気持ち良くて、気づけば何度も通ってしまう、棚原さんの畑には何かひみつがあるのかもしれないと思いました。

畑仕事を通し、棚原さんのお話をたくさん聞いているうちに、大切なのは「土が生きている」ということに気づきました。
「土が生きている?」はじめは不思議でたまらなくて、でも、棚原さんの畑の土には微生物や虫などたくさんの命で溢れていることを知った時、感動して胸がいっぱいになりました。

この棚原さんのお話を、ぜひみんなに聞いてもらいたい!土のことをみんなと一緒に考えたいと思い、大好きなブラウンズフィールドでお話会を開かせてもらうことになりました。

毎日、日の出前から真っ暗になるまでひたすら畑仕事をしている棚原さんに、こういうイベントにきて話してもらうのは、すごく貴重なことです(途中で寝てしまうかもしれません笑)。できるだけたくさんの方々と、この時間を共有できますように。

『土』から紐解く、わたしたちの命のひみつを、みんなで一緒に探求できたら嬉しいです。

お話会『土のひみつ』@ブラウンズフィールド

◎日時:8月11日(土曜日)17:30-20:30
◎場所:Brown’s Field サグラダコミンカ
◎申し込み :参加ボタン&コメントで参加表明をしてくださいね♪
◎みんなで持ち寄るポットラックディナーから参加される方は、持ち寄り一品(一品以上でも大歓迎♪)と、マイ皿・箸・カップなどをお持ちくださいね。
◎参加費:ドネーション

17:30~ 持ち寄りディナー開始
みなさんが持ってきてくれたご飯を囲んで、いただきます。
18:30~ ご飯を食べながら、棚原さんオススメの「土のひみつ」にまつわる映像を観ます。(40分程度です、すごくいい映像です♪)

19:30〜20:30 棚原さんのお話、Q&Aなど

※このイベント日には、ライステラスカフェでWakana Kawamuraのイラスト展「菌と植物と巡るくらし」が開催中です。棚原さんの畑で生まれた作品も多数ありますので、よければご覧ください。https://www.wakanakawamura.com/

<自然栽培農家・棚原力さんのインタビュー記事はこちら>

いすみライフスタイル研究所
http://www.isumi-style.com/jibun/015.html

Greenz
https://greenz.jp/2014/08/25/tanahara/

イベントについて詳しくはこちらのイベントページをご覧ください