星空スペース

房総きまぐれ通信12月号


毎度どーも、星空スペース店長です。

いよいよ12月ですねえ、もとい、いよいよ平成最後の12月ですねえ。

今年一年最後の一ヶ月楽しんでいきましょう。

「房総きまぐれ通信」というのがあったら面白いなと今思いつきまして、今日からスタートすることにします。

気まぐれなので、次にいつ出るのかは、お天道様に聞いておくれ。

いざNews Flash!

 

石窯工房pain de naru パンドナルにてクリスマスシュトーレンの予約始まる

星空スペースでおなじみのパンの提供元、睦沢町にある石窯工房 Pain de naru パンドナルでは、クリスマス時期の特別パン「シュトーレン」の予約販売を開始した。関係者の話では、11月中旬にシュトーレン用のドライフルーツを洋酒に漬け込んだ模様。じっくり時間をかけて、甘く芳醇な香りを有したシュトーレンを作ることを意図しているとみなされている。星空スペース店長(36)によると、「パンドナルさんのシュトーレンは中毒性があり、本当は一日一日薄く切って少しずつ食べるのを知っているのについつい食べ過ぎてしまう」などと供述しているという。予約はお店で直接受け付けている

 

夷隅四季の会 お正月料理講習会 12月9日開催

おせち

夷隅地域の元気があふれるお母様方が結集して運営している夷隅四季の会では、今年もお正月御節料理の講習会を開くとしている。12月9日(日)10:30~13:30、場所は千町体験交流センター(旧千町保育所 いすみ市松丸2858)。この講習会に参加すれば、夷隅の美味しいものをまとめて一日で食べられることから大変お得との評価が高い。星空スペース店長(36)によると、「夷隅四季の会のお母さんたちが作る料理は美味すぎる上に多すぎるので、前日から断食しても大丈夫。若いから、といわれても限度というものがある」などと意味不明なことをつぶやいているという。実施日3日前までに申し込みが必要とのことなので、上記電話番号に連絡すべし。

 

テーブルの上の小さな劇場クリスマス公演『土神と狐』東漸寺 いぼとり不動尊12月24日(月・祝) 観劇無料

えんげき1

えんげき2

地域おこし協力隊の穂積奈々氏が仕掛ける「いすみ×えんげきプロジェクト」とのコラボ企画。宮沢賢治原作の演題「土神と狐」がテーブルシアターとなって再現される。楽器に歌に影絵に人形劇に、3人の舞台俳優が1つの机の上で繰り広げるとのこと。場所はいすみ鉄道新田野駅から徒歩8分のところにある東漸寺いぼとり不動で、11時開演と15時開演の2回。各回定員は40名で参加費は無料とのこと。星空スペース店長によると「観劇は実際にみると感激だあ」という台詞を最後に連絡が取れなくなっている。予約は上記のメールアドレスに名前、希望時間、人数を添えて送るべし。

 

旅人ノ本ノ祭 12月回が星空の小さな図書館にて開催

hoshizora_chirashi_180817ol-722x1024mini

いすみ市にある民営の図書館「星空の小さな図書館」では、12月2日から24日までの日・月曜日、一箱古本市「旅人ノ本ノ祭」の第二部が開催される。本好きが集まって自分の本を一箱に詰め込み販売する「一箱古本市」は近年急速に普及しつつあり、イベントの参加者も増えている。12月のテーマは「笑う本には福きたる」とのことで、福に来て欲しい大人たちには平成最後のまたとない機会となることから混雑が予想される。星空スペース店長によると「本ってホントに持ち主さんの性格が出るんだよね。一箱古本市の箱を見れば大体その人の人柄を知ることができるよ」などと黒魔術と呪いの本を片手にえらそうに述べていた。なお、開催場所は出入り自由、入館は無料なので、気軽に訪れてみるべし。