星空スペース

一宮町の「屋根下のカーゴ」行ってきたら、まちあるきの楽しさに気づかされた


こんにちは、星空スペース店長です。

お盆入りでございます。

房総の地元の方々はわりと本気モードでお盆イベントをやりまくるので、地元には人があふれかえっております。

いままでどこにいたの?というレベルで人がいすみにもたくさんたくさん。

まあにぎやかになって良いことです。

 

もう一ヶ月も前になってしまうんですが、7月8日土曜日に、お隣町の一宮町で開催されてましたイベント「屋根下のカーゴ」に妻と一緒に行ってきました。

17884501_1471093379580660_1691343567924281039_n

イベントちらし

今回で二回目のイベントである屋根下のカーゴですが、快晴にも恵まれたくさんの人が集まるイベントでした。

 

この「屋根下のカーゴ」、地域活性化の文脈からも実に面白い側面を持っています。

IMG_6038

空き店舗となっている場所に、クラフトワーカーさんたちが出店

まず一つ目が商店街の空き店舗を積極的に活用していること。

いまや商店街というとどこもロードサイドのお店に押されてしまって、シャッターを閉めてしまっているお店が大半になっています。町の目抜き通りであったところが閑散としているのは、やはり寂しいものです。

そうした、空き店舗であったり、お店の軒下だったりを借り受けて、出店形式で他のクラフトワーカーや飲食事業者が一日限定のお店を出すのがこのイベントでした。

IMG_6046

もともと商店街と言うのは、商店が寄り集まってにぎわいを作り出していた場所ですから、人が集まる魅力と素地があるんですよね。

そこに個性的なショップが集まれば、一日限定と言えどもやはり人が集まってくるんです。

商店がを練り歩いてみて、僕も良い雰囲気のお店がたくさん立ち並んでいるのを見て、ポテンシャル高いなあと思いました。

IMG_6040

歴史あり、趣ありの建物もまだまだ残っています

二つ目が、「まち歩き」がイベントの中に組み込まれていること。

IMG_6036

当日は町のいたるところにこうした看板が出ていて、スタンプラリーができるようになっていました。

田舎ってもはや完全な車社会でして、東京などの都市部とちがって、街歩きなってめったにしないんですよ。

これは車社会の功罪でもあって、田舎の商店街が瀕死状態にあるのも、ロードサイドの大型店がはやるのも、ひとえに田舎の移動が車にものすごく依存しているからなのです。

そこをあえて、この「屋根下のカーゴ」というイベントは、町を歩かせるような仕掛けをつくっているところに面白さを感じました。

IMG_6039

東京まで出るのに、上総一ノ宮駅という駅をよく利用しているため、今までに一宮町中心には数限りなく行っているものの、やはり車から見える景色と、歩いて見える景色というのは違うことに気づかされました。

「ほ~、ここにこんな店があったのか」とか「あ、ここから見える景色が面白い」とか、歩かないと気づかないこともやはりたくさんあるんですよね。

「歩く」ということをイベント化する、そんな可能性をとても感じて勉強になりました。

IMG_6041

SUZUMINEさん

この日、イベントに赴いたのは、もう一つ理由がありました。

それが、一宮町に新しくオープンしたシェアオフィス「SUZUMINE」さんところを見学しにいくことでした。

房総R不動産という、一宮町にはオモシロい不動産屋さんがありまして、そこが主体になり一宮町と協力してやり始めたのがこのシェアオフィスSUZUMINEという場所です。

サーファーの人が、波乗り終わりに仕事をすることを想定していたり、キッチンやショップスペースをレンタルして期間限定のお店を開設できたりと、今までにない新しいコンセプトで房総の働き方と暮らし方にまたひとつ新しい風を巻き起こしてくれそうな存在になっています。

IMG_6044

店舗内のようす。この日は「旅人の本の祭り」という一箱古本市が開催

いやあ、一宮町もますます面白くなっている感じです。房総全体がどんどんアツくなれば面白いですね。

SUZUMINEについてくわしくはこちらのページをご覧ください。

(良)