星空スペース

星空スペース1周年ありがとうございます!~1周年までの歩み


こんにちは、星空スペース店長です。

あまりにも駆け足でさよならも言わずに過ぎ去ってしまった夏。

なんか、急に肌寒くなったような気がして、すこし調子が上がらない毎日を送っていました。

しかし、満月になったごろから体調も気分も上がってきまして、しかもようやく快晴!

秋ですな~。

やはり季節は秋です。ずいぶん日が暮れるのも早くなってしまいましたが。

1周年

さて、9月9日は星空スペースにとって記念日でした。

なぜというならば、この日が星空スペースの正式オープンした日なのでございます。

つまりは1周年!

いやあ、早いようであっという間でございました。つまりは光陰矢のごとしです。

ここまでたくさんの方々に支えられて1周年を到達することができました。まずは、いつも応援していただいているすべての皆様に厚く御礼申し上げます!

 

せっかくの機会ですから、1周年までの軌跡を振り返る特別企画をやってみたいと思います。

13606636_10208391421776357_344007494510069609_n

思い起こすと、2016年5月のことです。

いまの星空スペースである家をお借りすることが決まったのは。そこから物語は動き始めました。

以前にラーメン屋さんだった空き家は、いわゆる居抜き物件というやつでした。
昔から考えていた飲食をサービス提供できる集いの場所を作る計画をいよいよ実践に移せる場所を得たのでした。

しかし、まずは飲食店の営業許可を取らなくてはなりません。
居抜き物件とはいえ、もろもろの手続きはかかるもので、2016年7月に食品営業許可証を勝浦市にある保健所から頂くまではなかなか落ち着かない毎日でした。

最終的に無事許可を頂くことができ、晴れて星空スペース正式オープンまでの道筋が整ったのでした。

幸運なことにかなり良い状態でお店をお借りすることができましたが、それでも自分たちの理想にあわせてお店をオープンするためにはそれなりに手を入れなくてはなりませんでした。

お金はなくても自分達で直していけば、いろいろなことができます。壁を塗ったり、床をはったり、看板を作ったりするのは楽しい作業でした。

いよいよお店の佇まいも何とか整ったところで、9月9日星空スペースを正式にオープンしました。

「寄り合いカフェ&シェアオフィス」というキャッチコピーを入れたのは、わたし達なりの理想があってのことです。

東京などの大都市にはすでに当たり前に存在するシェアオフィスやコワーキングスペースですが、それをいすみという美しい里山の中で実現できたらという思いから、このちょっと変わったお店は始まりました。

同時に、飲食店としての星空スペースの意義はこんな風に考えておりました。食べる情報という考え方で、食材も扱っておりまして今までにたくさんのいすみ・房総の味を召し上がって頂きました。

 

さて、オープンしてから数ヶ月経ちますと、星空スペースをさまざまな利用形態で使いたいといってくれるお客様が増えてきました。

あるときは企業のセミナーと交流会のイベント会場として

またあるときは地元の人々のネットワーク作りの場として利用いただきました。

こちらは映像作品の上映会と講演会会場として

地元のギターサークルの皆さんが練習場としても使ってくれました。

料理教室にもなったり

洋裁教室にもなったりしました。

そして、地元の人が、地区の集まりでお店を使ってくれるようになり。

イベントの打ち上げパーティーも受けることができました。

 

こうして、いろいろな方がさまざまな方法で星空スペースを使ってくださっています。

 

そして、星空スペースも地元の事業者さんとのコラボイベントを企画できるようになって来ました。

まずは何と言っても結農園さんとのコラボレーションですね。

今までに延べで200人以上の人々が参加してくださっている大人気企画になりました。

農家と消費者を結ぶイベントとして、大変参加者の人たちからも喜んで頂いておりますし、僕らもとてもやりがいを感じています。

結農園さんとのコラボイベントの実績はこちらのページをご覧ください。

 

こちらは、同じくいすみ市内のナチュラルチーズ工房のIKAGAWAさんとのコラボレーション。

チーズフォンデュの美味しさと楽しさを皆さんに存分に感じてもらえるイベントになりました。

 

さらに、リラクゼーションサロンまで、星空スペースで開業いただきました。

 

いろいろがんばってやっていると風の噂を聞きつけて、また多くの人が星空スペースを訪れてくれました。

いすみ市役所が主催する移住体験空き家見学ツアーで星空スペースを訪ねてくださったり。

つながりのある鴨川市の移住者仲間の人々が訪れてくださったり。

ときには、東京まで出て行ってお話をさせてもらう機会も頂くことができました。

 

星空スペースの挑戦はまだまだ続きます。

星空スペースの敷地はとても広いため、畑を一から作り始めました。

地元の仲間を集めて忘年会をやったりもできました。

ついには、星空スペースを拠点とした学習塾事業も始めました。

 

結果としてありがたいことに、星空スペースに一年で1000人以上もの人が訪れてくれました。

 

あっという間だった一年。

こうやって振り返ってみると、本当にたくさんの出来事がありました。

空き家だった家が、これほどまでにたくさんの可能性を持っていることを少しでも多くの人に知ってもらえればと思います。

そして、いすみと房総は面白い!ということもこれまで以上にどんどんと発信していきたいです。

星空スペースのチャレンジはまだまだ続きます。

ぜひどうぞこれからもよろしくお願い申し上げます!

(良)