星空スペース

いすみの、そして日本の有機農業に注目するなら12月9日開催マイファーム主催いすみ市農業講座に参加すべし!


こんにちは、星空スペース店長です。

このごろなんだか、星空ウェブサイト群のアクセスが絶好調なんです。
この調子で、月10万PVくらいをはやく達成できるようにがんばりたいところです。

そして、それにあわせて最近は本当にいろいろな方に情報の発信サポートを頼まれます。もちろん、星空のウェブサイト更新をがんばっているのもそれが目的です。房総半島の情報発信のアンテナ塔になることを本気で目指しておりますので。

さて、以前このブログや店長個人のフェースブックで紹介して大反響を頂いたのが、こちらの記事でした。

2017-11-08_114359

画像リンクで元記事にジャンプします

給食のご飯、全て有機米に 全国初、いすみ市が実現

日本で始めて、子供たちが学校で食べる給食のご飯を地産地消のしかもすべて有機米にしたのが千葉県のいすみ市なのです。

給食でこどもたちが食べるご飯くらい本当に良いものを食べさせてあげたいと僕も思いますが、悲しいことにこの日本の給食はコストカットの名目の元、粗悪な食材や冷凍食品で構成されるようなひどい状況に多くの自治体でなっています。給食センターの人件費もどんどん削られて、美味しさなんかも二の次で、いかに安定して提供するかに事業者も苦心するばかりになってしまっています。

ちなみに給食は、多くの自治体で自分達で業者を選択して提供しています。

つまり、あなたが住んでいる自治体によって、給食の質は異なるということです。ちゃんとお子さんの給食のことまで考えて住んでいる場所を考えていますか?

 

さて、いまいろいろな自治体で、有機・オーガニックの農業・まちづくりをすすめる機運が高まっているのは、皆様もニュースなどで見知っていることと思います。

農業と地域の未来をかけた戦いがいろいろなところで始まっており、僕も日々日本全国で戦っている人々の動きをチェックしています。文字通り、これは未来をかけた“戦い”なのです。いやほんと、まったく冗談ではなく。

そして、上のニュースでもそうですが、わたし達のいる千葉県いすみ市も、日本の有機農業の最前線になりうる大きなうねりの中にあります。今は行政主導な部分も多くありますが、きっと機運が流れとして決定的になったとき、かなり面白いことになるはず。

 

その”面白いこと”を仕掛ける上で、いすみ市がパートナーに選んだのが、株式会社マイファームでした。

これには、正直僕も本当にびっくりしました。

いや、まさかいすみに移住して、マイファームさんと仕事をすることになるとは、と。一時期、千代田プラットフォームスクエアにて代表の西辻さんにお会いしたことがあって、ずっと意識はしていた会社でしたので。

マイファームは2007年に誕生した会社で、耕作放棄地を貸し農園・市民農園に変えるビジネスで一躍社会起業のトップランナーとして全国に名を馳せた企業です。

こちらのページを見てもらえればわかるとおり、最近は私設のスクールビジネスや行政との連携ビジネスも展開し、ますます業容を拡大しているようです。

さて、紹介が長くなりましたが、そのマイファームの代表である西辻一真さんがいすみ市にいらして、講演会を開く(しかも無料)ということですので、これは俄然その語るところに注目するしかありません。

いったいマイファームが日本の中で、いすみ市というまちで何をしようとしているのか、その作戦内容が明らかになるかもしれません。

もしかしたら、それが日本でのオーガニック農業の最前線をつきぬいて進む一歩となるのかも。

有機農業に興味がある人も、農業の行く末や耕作放棄地や田畑の復活に興味のある人もぜひ講演会に参加してみてください。

==================

◆講演会《参加費無料》
第2回 「いすみ市で実践したい、みんなが元気になる農業のあり方【その2】」
~オーガニック農業の実践、その販売から地域を元気にするために~
・日程:12月9日(土)12:30 受付 13:00 開始
・場所:つどいの家(千葉県いすみ市松丸2863)
・講演内容:「百年先も続く農業を。そのために環境負荷の小さい農業を実践する農業者を増やすこと」を目指す野菜提案企業「坂ノ途中」代表・小野邦彦氏、耕作放棄地の復興から始め、「野菜作りが楽しい、農業が好き」に溢れる社会を創造する事業を行う「マイファーム」代表・西辻一真氏を招き、オーガニック農業による町づくりとは何か、販売目線も含めたメソッドについてご講演いただきます

《スケジュール》
12:30 受付
13:00~14:30 小野邦彦氏による講演「野菜提案企業として何を伝えるか」
14:30~16:00 西辻一真氏による講演「マイファームが目指す社会について」
16:00~16:30 オーガニック・エコ農産物の売り手と買い手をつなぐマッチングサイト「farmO」(ファーモ)の紹介
16:45~19:00 懇親会
※懇親会に参加の場合、参加費別途
★開催場所までは上総一ノ宮駅からタクシーをご利用ください。行きは上総一ノ宮駅へ12:30に到着する電車、帰りは上総一ノ宮駅を19:55に出発する電車をご利用いただければ、当スタッフがタクシーの相乗りを調整させていただきます。

《講師紹介》
・小野邦彦氏
1983年、奈良県生まれ。京都大学総合人間学部卒業。2009年に株式会社坂ノ途中を設立。「未来からの前借り、やめましょう。」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売や自社農場の運営を通して、環境負荷の小さい農業を実践する農業者を支えている。

・西辻一真氏
1982年、福井県生まれ。京都大学農学部卒業。2007年に株式会社マイファームを設立。幼少期から農業が好きで、世界中の耕作放棄地をなくうそうと奔走。将来の夢は世界中の人が農業(土に触っていること)をしている社会を創ること。農林水産省政策審議委員、内閣府国家戦略特区農業特区委員なども務める。

▼お申込はこちら▼
https://goo.gl/forms/oznLaJg09CrvXr783