星空スペース

【8/25・8/26】フィジカルを通じたわたし研究(わた研) フィジカルの味わいワークショップ


毎度どーも、星空スペース店長です。

来月の8月25日(土)と26日(日)、星空スペースを使って、鍼灸師・整体師であるフィジレボの谷川さんがワークショップを開催してくれることになりました。

詳しくは下記になります。興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

header01

はじめに

[フィジカルを通じたわたし研究とは?]

自分の体型とかヘアスタイルは気になったりする。けれど、自分のカラダの感覚、カラダのさまは、どうだろう?

自分自身のことなのに、実はわかっていないことが多いものです。

たとえば、「肩がこる。」肩がこるのは、他人のせいじゃない。自分自身がカラダを緊張させているから。でも、緊張させていることに気づかなかったりします。歩く、座る、作業する・・・ふつうの動作。でも、それにムリがあるから、カラダがおかしくなる。わざわざ自分でカラダを壊してはいないでしょうか。

感情は、カラダそのもの。ココロだけの問題ではありません。しかし、笑っているとき、泣いているとき、怒っているとき、現実に自分のカラダはどんなふうになっているでしょう?意識してみたことはありますか?

自然体の自分ってどんなだろう?そもそも、自然体ってなんだろう?私たちは大人になりたくさんのことを学んできました。しかし、がんばればがんばるほど、余計な動きや緊張を身につけ、「不自然体」になってはいないでしょうか。

わた研では、「わたしのフィジカルを味わい研究する」そのためのテーマや仮説を提供します。それを検証していくなかで、ほんらいの自然体のわたしへと、フィジカルを「上書き」していきませんか?

 

 

主催者プロフィール

谷川千夏(タニカワ チカ) フィジレボ整体・鍼灸

これまで鍼灸師・整体師として、施術を行い、また心理カウンセリングも行ってきました。しかし、いくら治療やセラピーを受けて、楽になっても、またすぐにつらくなってしまうことでありますね。それは、治療を受ける時間よりも、ふだんの生活の方が長く、体に影響を及ぼすから。治療を受けるという特別な時間よりも、「なんでもない日常のわたしのフィジカルがどうあるか」という事のほうが大切にもかかわらず、軽視されがちです。医療者やセラピストに「治してもらう」「癒してもらう」こともいいのですが、治療は、他の誰かからもたらされるのではなく、自分の内側から起きてくるものです。自分のカラダを知り、ちゃんと感じること。それは、他人にはできません。自分を一生知らずに生きる人もいます。でも自分を研究するって面白いテーマではないでしょうか。

鍼灸整体での治療やアドバイス、フィジカルセッション(個人のご提案)をご希望の方はフィジレボ

 

土曜ワークショップ 8月25日(土)

17時~18時 参加費3000円+各自ドリンク代
ワークショップ後、ご希望者はお食事も。

なにをやるかは、そのときの参加者のご希望、お体のお悩みなどにより、随時変更します。
体の構造や動きを知りつつ、フィジカルをじっくりと感じてみたりします。(主に足腰を予定しています。)

日曜ワークショップ 8月26日(日)

12時~16時頃 参加費5000 円+食事1200円 テーマ「やさしいカラダ」
上記の時間には食事時間も含みます。

テーマ「やさしいカラダ」

「やさしい人になりたい」とは言うけど、「やさしいカラダになりたい」という言い方はあまりしませんね。
やさしい気持ちでいるつもりだけど、やさしくないカラダになっていることは、あります。
そして、やさしくないカラダを持っていたのなら、やさしい人とは言えないのかもしれない。
やさしい気持ちで、やさしいカラダになれたとしたら、それがいいなあ。
やさしいカラダって、どんなカラダだとお考えになりますか?

場所/星空スペース(いすみ市作田1701-1 電話0470-62-5634)

持ち物/動きやすい服装 ペットボトルの飲み物 あればヨガマットやバスタオル 汗拭きタオル

定員/8名

予約締切/8月23(金)17時

ご予約/フィジレボ(0475-44-6898)

もしくは下記のフォームよりお申し込みください。