星空スペース

東京から大型バス1台分のたくさんの親子さんたち、里山を楽しんでいきました


毎度どーも、星空スペース店長です。

先日の日曜日には、東京から大型バスに乗って、たくさんのこどもたち、そしてその親御さんたちがいすみに遊びに来てくれました。

当日は、台風24号の影響で、朝から雷鳴響く土砂降り。

・・・ああ、これは開催無理か、と思いきや。

ミラクルという奇跡が起きて、バスがつくころには雨がやむどころか、晴れ空が広がり、

え?むしろ、なんか暑いんだけど?

という天気に。なんというハッピーラブリーサンシャイン!

この日は結農園さんにもお手伝いいただき、短い時間ですが、里山を思いっきり楽しんでもらうようにしました。

20180930里山体験1

まずは、結農園さんからお米の話。

稲穂を持ってきてもらったところ、こどもも大人も大興奮。

ふだん食べているお米がどのようにできてくるのか、お話をしたところ、大人だけではなく子供たちも熱心に聴いていました。

20180930里山体験2

続いていすみ米をたくさん食べてもらおうと、おにぎり&手巻き寿司をご用意。

この日訪れてくれた人の数なんと40名。ご飯も5升も炊きました。豚汁は水だけで14L分も作りました。

おかずもできるかぎり地の物、旬のものもで盛りだくさんに。

皆さんにおいしいおいしいと食べてもらえてよかったです。

20180930里山体験

腹ごしらえがすんだら、今度は里山の散策。

奇跡的な晴れ間となったおかげで、みんな虫網を持って虫を追いかけっこしたり、かえるを捕まえたりしました。

子供たちは野山を走り回れるだけで大興奮。

子供たちを引き連れて野山を散策していたので、地元の人たちもちょっとびっくりだったでしょうね。

最後まで子どもたちも遊びまわり、帰りのバスが来てみなさん東京に帰っていきました。

今回は東京からの団体様。これが心に残って、またいすみに遊びに来てくれるといいなあと思っています。

 

ちなみに、この後すぐに猛烈な雨となり、夜からは恐ろしいほどの暴風雨が吹き荒れました。

本当にラッキーだったなあと今でも思っています。