星空スペース

hinodeよりコワーキングコミュニティラボいすみツアーで訪問いただきました


毎度どーも、星空スペース店長です。

先月までの星空ウェブサイト群のアクセス統計データを集計したところ、累計の訪問者数が25万人を突破しておりました。感謝です。

ちなみに、PV数ではなくユニークユーザ数です。PV(ページ閲覧)数はもっとずっと多いんですが、僕が好きでない指標のため公表しません。あくまで、何人の人がウェブサイトに来てくれたのか、それを重視しています。

昨年の11月に10万人突破のご報告をブログでしていたので、この一年間で15万人のアクセスをいただいたことになりますね。

だいたい毎日300人~500人くらいの人が訪問してくれています。いつもありがとうございます。

参考までに「星空ウェブサイト群」としている理由や、ウェブサイトの展開戦略なんかについても書いていますんで、もしよろしければこちらの記事もご覧ください。

 

「ブログ読んでます」なんて声をかけてくださる方もだいぶ多くなってきました。もっともっと多くの方に「いすみ面白い!房総の人たち面白い!」と思ってもらえるようにがんばっていきたいですね。

 

さて、11月12日にいすみ市大原地区にあるコワーキングスペースhinodeさんのところより、コワーキングコミュニティラボ(CCラボ)の皆様が朝食がてら星空スペースに視察に来てくれました。

IMG_20181112_101447

まずは朝食を。

え?星空スペースって朝食も食べられるの?って疑問に思われるかもしれませんが、ある程度まとまってご予約いただければ朝食だって出しちゃいますぜ。

ちなみに、パンドナルさんのパンを中心に据えたモーニングセットだったんですが、パン大好評でした。若者が多かったので、パンのお替りが進君。たくさんパンを焼きました。あと、自家製のディップが大人気でした。ディップは手作りのオイルサーディンをベースに、季節の野菜をたくさん入れています。今回はほうれん草をたっぷりとね。

IMG_20181112_103833

おなかもいっぱいになってホッと一息ついたところで、私たちの活動のご紹介。

今回の参加者には千葉県よりもずっと離れた遠方からも参加されていた方も多く、皆さん大変熱心に話を聞いてくれました。

IMG_20181112_104047

私たちもどんどん地域で交流拠点を増やすような仲間をつくっていきたいので、ついつい話に熱が入ります。

コワーキングの拠点が増えれば、それだけ働く場所と交点が増えるということです。

そしてそれがうまい具合につながっていけば、地域を変える大きな原動力にもなるかもしれませんし、移住者を増やす入り口になるかもしれませんし、地域の人々が交わり合って人のつながりも強くなるかもしれません。

しかし大切なのは、場のホストの側の意識です。

場作りというのは、常にホストの人の”場”の雰囲気・良さを守っていく意識がとても大事だと思っています。

人が集まる場所には必ず、中心にアツい人、核になる求心力を持った人がいます。

しかし、集まってくる人の多様性・分散性が強くなるほど、場の雰囲気を良いものに保っていくことは難しい作業になってきます。

いうなれば、場のホストのヒューマンスキルと人間力も必要になってきますし、レベルアップも求められてくるのです。

そうしたスキルやコミュニケーション力は自分だけで養成するのは難しいため、ほかで評判になっているところのやり方を学んだり、仲間や競争相手と切磋琢磨したりすることが必要になります。

だから、私たちもできる限り暇を見つけては、場作りの参考になるところに行ってみたり、話を聞いたりしています。

今回のhinodeさんたちのように、同じ意識を持った人たちでラボを作って、みんなで視察に行ったりするのも良いかも知れませんね。

私たちも日々勉強なんで、負けないようにがんばろうと思いました。