星空スペース

いすみ市商工会に加入しました!


毎度どーも、星空スペース店長です。

九州南部をはじめとする日本全国での豪雨による被害がとても心配です。

まあ、これだけ激しい雨が降り続くと、どうしてもこの豪雨被害の原因を考えたくなりますね。

そして、一番最初に出てくるのが「地球温暖化の影響」でしょう。

気象庁のホームページを見に行くと、1898年から2018年まで「日本の年降水量の経年変化」というグラフが出てきます。

an_jpn_r

このグラフは年平均からの「偏差」であらわしていることに注意が必要です。統計学の基礎ですが、偏差ってわかりづらい概念なんですよね。なぜ、気象の移り変わりを偏差でとらえるのか、気象庁のホームページ上で非常に詳しく説明してくれているので、こちらのページをご覧ください。

で、グラフを見てみると、雨量が明確に増えたといえるのは1900年から1920年、そして1950年から1960年の間なんですよね。2010年代からも一貫して増大してますが、これはまだ上昇トレンドとしてとらえるべきかも知れません。

地球温暖化による豪雨の影響は間違いなく存在するように思いますが、それだけが必ずしもこの豪雨被害を作り出している要因であるとは、この上のグラフからはいえなさそうですね。河川の形状や、山の生態系、雨の降り方なども被害を大きくする要因になっている可能性がありますし。

とにかく、日本は季節変化の影響を受けやすい地理環境にありますので、気象の研究と災害予防政策とがリンクして考えられていくといいですね。

IMG_20190703_162148

さて、こちらは星空スペースの玄関。新たに金色に光るステッカーを貼り付けました。

「いすみ市商工会員章」の文字。

というわけで、星空スペースを運営する株式会社スターレットとして、いすみ市商工会に加入させて頂きました!

この商工会員章を持っていることにより、武器や防具を安く買えたり、行くことのできなかった場所に入ることができたり、新しい仲間を加えることができたりします(しません)。

まあ、なんというか、信頼を得るためにというのが一番大きいかもしれませんね。

今のところ、港の朝市などの商工会主催のイベントに出たり、商工会経由でお金を借りたりということも考えておりませんし。

地域を盛り立てていくためには、各個の事業者が奮起しなくてはいけないのはもちろん、横の連携協力や地域のネットワーク化が非常に大事なわけで、そういった側面から全国の地域商工会は組織されているんでしょう。

いすみ市商工会に参加することで、私たちも微力ながらそういう活動に貢献していくことができたらと考えている次第です。